リドレイ

リドレイのワイルド株をゲットしました。ワイルド株とは、現地で自生した状態の野生な株です。現地とはインドネシアかな、と思います。この季節にお迎えするのは少し勇気いりますが出会ってしまったので迷わずゲットです。

水苔で板付仕様にすべく、板のデザイン検討、加工へと進みます。使用する板はやはりリサイクル品、現場で余った板材を利用します。

リドレイが主張している姿なので、板はシンプルな面取り八角タイプとします。

ワイルドらしい風貌、葉先が既に枯れと焼けで痛んでいますが、枯らさないように春までお世話します。

関連記事

  1. チランジア ベイレイ

  2. ユーフォルビア・グロボーサ

  3. 廃材を宝に VOL.01

  4. ガステリア属ガステリア

  5. 待ちきれず板付け

  6. ユーフォルビア・フランキアナ

  7. ドリナリア クエルシフォリア 

  8. 胞子培養

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP