学園朝日の家 大工工事終盤

大工工事は上棟時の柱梁など構造材の施工の他、建具枠、フローリング、棚板など木材に係る造作工事や内装の下地材の取付までを行います。学園朝日の家では階段室を本棚で埋め尽くします。さらに、壁面が道路面のみ、角度が異なります。また、シナとラワン合板仕上が多く、施工精度の高さを要求します。つまり、難しいのです。そのため、現在大工さん三人かかり!で奮闘していもらっています。通常は棟梁一名で基本作業が多いですので、三名は大人数です。

天井はラワン合板目透かし仕上。身近手方向はロスを最小にしながら、バランスを見て短尺同寸で納めてもらいました。

電気納まり打合せ、現場にて各造作納まりの確認を行いました。

関連記事

  1. 回顧とHPの更新

  2. 学園朝日の家 中間検査

  3. 学園朝日の家 コンセントとスイッチ

  4. 学園朝日の家 足場解体

  5. 学園朝日の家 上棟式

  6. 学園朝日の家 外装終了と内装工事

  7. 学園朝日の家 引渡し

  8. 学園朝日の家 内装建具

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP