学園朝日の家 本棚+階段

造作工事の正念場、本棚工事と階段工事が大詰めを迎えました。本棚と階段室を複合させることは、書クライアントが代々受け継ぐ本とこれから増える本、将来を見据えながら本が持つ歴史も感じられる空間の工夫です。日々の生活に書籍を溶け込まします。棚板の連続する様はそれだけで美しいですが、どのラインと連続させるか、建具や家具との関係性、同素材異素材など、意匠的取り合いが楽し場面です。色とりどりの書籍が並び、初めて完成となります。

階段手摺は支柱をスチールとします。支柱の足元は固定用のベースプレートを床材の下に潜り込ませ、すっきりした印象を持たせます。写真の支柱にすっぽり被せる手法です。印籠継手といいます。外部サッシ枠も設置され、いよいよ外壁も始まります。

関連記事

  1. 学園朝日の家 上棟式

  2. 学園朝日の家 足場解体

  3. 学園朝日の家 コンセントとスイッチ

  4. 学園朝日の家 外装終了と内装工事

  5. 学園朝日の家 大工工事終盤

  6. 学園朝日の家 中間検査

  7. 学園朝日の家 造作工事

  8. 学園朝日の家 オープンハウス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP