胞子培養

ビカクシダがすくすく育った夏も過ぎ、胞子葉と呼ばれる葉の裏には不定期に胞子が発生します。すべての葉ではなく、選ばれし葉。いつもスルーしていましたが、一度胞子培養というイバラの道を進んでみようと思います。

大きいのがビフルカツム (たぶん)で、今回の胞子採取したビカクシダです。5年ほど前に小さな鉢植えで購入して(まほろばキッチン園芸コーナー!)、水やり適当で乾燥状態をキープしながら、これが適度な環境だったのか、大きくなりました。鉢植え生活が長かったので、今年板付けするも奇妙な形になってしまい、来春矯正予定です。

関連記事

  1. ストリクタ 開花

  2. ドリナリア クエルシフォリア 

  3. 待ちきれず板付け

  4. リドレイ

  5. チランジア ベイレイ

  6. ユーフォルビア・グロボーサ

  7. ユーフォルビア・フランキアナ

  8. ガステリア属ガステリア

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP