須恵の家 年末進捗

寒波到来、五條市は少し雪がちらついてます。予報では今日明日が雪模様ですので外構は少しお休み。現在は内装と外構が同時進行に進んでいます。

エントランスは大谷石貼りの階段とアプローチです。玄関前は広く確保して将来のスロープ設置時に備えたゆとりある計画です。階段はゆったりとした段差です。

内部は漆喰下塗り、造作木の塗装が終わっています。階段の壁は光と風を通す木製の格子です。居間となる中央の部屋は階段の格子壁と小幅の梁で細かい部材で、線状を多く認識できる空間です。線が多いことで陰影や奥行きが浮き出て表情に豊かさを持たせます。

階段手摺は正方形の角材を程よく面取りして八角形に近い断面です。手触りもよく、角が無いので柔らかい印象を与えてくれます。

関連記事

  1. 須惠の家 縄張り確認

  2. 須江の家 上棟

  3. 須恵の家 基礎脱型

  4. 須恵の家 基礎配筋確認

  5. 回顧とHPの更新

  6. 須恵の家 中間検査

  7. 須恵の家 下屋

  8. 須恵の家 総合打合せ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP